プロTOP:岩渕デボラプロのご紹介

日本に対する興味が高じて心も体も群馬県民になりきってしまったアメリカ人(3/3)

翻訳に関する書物

日本語の細かなニュアンスを正確に英語で伝えたい

 群馬県立女子大で翻訳講座の授業を担当する岩渕さんは、正確で読む人を嬉しくさせるような翻訳を心がけているといいます。翻訳が正確なのは当たり前のことですが、岩渕さんは、英語と日本語を単純に置き換えるような翻訳だけはしたくないと考えているのです。書かれた言葉の意味を十分に汲んで、何を伝えたいのか十分に配慮した上でそれに適した英語の表現を選びます。そして、そこには読む側の人の気持ちも配慮して和やかなにさせるような配慮がなくてはならないとも考えているのです。それが日本語に深く親しんだ岩渕さんの翻訳です。

 それは、たとえ研究論文であっても、会社案内、商品説明、マーケティング企画であっても、個人の手紙や海外に送るための書類であっても、決して変わるものではありません。常に書いた人の気持ちを汲み取ろうとする配慮を忘れないのです。

 そんな岩渕さんは、帰りがけにこういって送り出してくださいました。「もう一つ先の路地を左に折れてください。そうすれば気持ち駅に近いですよ」。こんな人にこそ、自分の大事にしたい言葉を託したい。そう思わせてくれる岩渕さんは、日本人の気持ちとそこで表現したいことを正確に汲み取ることができる翻訳家なのです。

(取材年月:2013年7月)

岩渕デボラプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

日本人の心の「ひだ」を理解し、理解しやすい翻訳を心がけます

事務所名 : 有限会社南向き翻訳事務所
住所 : 群馬県前橋市内 [地図]
TEL : 027-221-1232

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

027-221-1232

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩渕デボラ(いわぶちでぼら)

有限会社南向き翻訳事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
英語のブログをご紹介します
イメージ

日本文学に関する「時間限定」ブログの記事を書きました。題名は自分の思い出の英訳した本。本の表紙もいくつ...

[ 日本文学、翻訳 ]

Global Literature in Libraries Initiative

I was honored to have a blog posting on the month-long blog series on Japanese literature in translation ru...

[ blog, GLLI, D Iwabuc ]

角野栄子先生国際アンデルセン賞受賞、おめでとうございます!
イメージ

今週、『魔女の宅急便』その他たくさんのこども本の著者角野栄子先生が国際アンデルセン賞を受賞しました。日本の...

[ 角野栄子、魔女の宅急便、国際アンデルン賞 ]

群馬といえば食品メーカー。 企業案内を英語で世界にアピール!

群馬といえば野菜です。群馬に住んで何が幸せか、野菜がおいしい、安い(時には野菜がただ!)有名な野菜もあり...

[ 企業案内、食品、食品メーカー、群馬農産物 ]

翻訳に明け暮れ〜今年もお世話になりました

2017年に入って翻訳の作業が多様性に溢れました。毎日どのようなお客さんに出会えるでしょうかとワクワクしま...

[ 翻訳全般、個人、企業、医療、研究、観光、 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

岩渕デボラのソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は岩渕デボラさんが更新している外部メディアサイトです。

rss
ブログ
2014-06-07
ページの先頭へ