プロTOP:岩渕デボラプロのご紹介

日本に対する興味が高じて心も体も群馬県民になりきってしまったアメリカ人(2/3)

翻訳仕事風景

日本の文化を海外に紹介する仕事としての翻訳

 岩渕さんが翻訳の仕事を始めたころ、日本の大相撲を海外に紹介する本を手がけました。若貴ブームで盛り上がる当時の日本の相撲は注目され、多くの依頼が来るようになったのです。その後、契約書や会社の製品の翻訳など、現在に至るさまざまな仕事を引き受けるようになりました。そして、文学作品の翻訳など多くの分野にその領域を広げています。そこには「日本文化を海外の人々に理解してもらいたい」という岩渕さん自身の強い思いがあります。

 岩渕さんは、日本人作家の小説を海外に紹介する仕事も手がけています。宮部みゆきさんや高樹のぶ子さんの作品は岩渕さんの感性にかなう作家で、ぜひ多くの外国人にも読んでもらいたいと考えています。最近では、重松清さんや辻村深月さんの作品も手がけています。

 しかし、小説の翻訳は手間のかかる息の長い仕事。ライフスタイルのように気長に向き合っていこうと話します。インターネットの普及により、今では打ち合わせなどで頻繁に都内に出るということもなくなりホッとしていますと笑います。人生の大半を過ごすことになった群馬県前橋市に、岩渕さんは深い愛着を感じているのです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 日本語の細かなニュアンスを正確に英語で伝えたい

岩渕デボラプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

日本人の心の「ひだ」を理解し、理解しやすい翻訳を心がけます

事務所名 : 有限会社南向き翻訳事務所
住所 : 群馬県前橋市内 [地図]
TEL : 027-221-1232

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

027-221-1232

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩渕デボラ(いわぶちでぼら)

有限会社南向き翻訳事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
医療翻訳のプラスα
イメージ

最近医療関係の英訳仕事が増えています。高齢化していく日本社会の特徴でしょう。そのなか、星和書店という出版...

[ 医療翻訳 ]

英語多読と英語読書日誌

日本の大学の多くは英語の多読プログラムを進めています。大学は生徒のために本をたくさん用意しますが、一般人...

読書の春:英語ライティング、リーディング、会話の本

翻訳がメインの仕事でも、英語学習法の共著もしています。ここで手短くご紹介します。ベストセラーの『英語「...

翻訳は理系の時代

近年の翻訳依頼は「理系」ものが多くなりました。数年前まで全依頼がなかった分野が今では大半をしめています。...

留学エッセイ、推薦状お手伝いします

最近大学院に進む大学生が増えています。同じように社会人が会社を退職して、「学校に戻る」傾向があります。どち...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ