コラム

 公開日: 2013-07-01 

「 広すぎる一戸建にはデメリットが  」

[穂高マガジン18]  「 広すぎる一戸建にはデメリットが  」 

  
  毎日たくさんの一戸建てを目にしますが、不思議なことに

  広さや古さに驚かされる家はあっても、

  その狭さに驚かされる家はありません。

  たまに平屋を見つけて、

  「久しぶりに平屋を見た~」

  と変に感動することはあるんですけど。

  ところでみなさん、家づくりをする人って、

  どういう基準で広さを決めているんでしょうね。

+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+-----+

     _    ⊂⌒⊃
    /  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      
┃ 「 広すぎる一戸建にはデメリットが  」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

  ■それ、広すぎません?

  一般的に、家族4人が生活する上で不便さを感じない広さは、

  約25坪だと言われています。

  でも最近の出生率を考えると、子どもが1人しかいない家庭は多いはず。

  ということは、25坪以下でも間に合う家庭もあるということですよね。

  ところが、家づくりを考える時、なぜか

  「45坪くらいの広い家が欲しいな」

  と考える人が多いんだとか。

  たしかに、借家やアパートで暮らしていると、広い住まいに憧れるものです。

  でも、広いとデメリットもあるようですよ。

  ■手ごわいフローリング

  主婦一人が『毎日』掃除できる広さは15坪が限界、とする説があります。

  もちろん、掃除好きかどうかによって若干の違いはあるでしょう。

  みなさん、フローリングは、

  朝掃除をしても夕方にはホコリが目立つ場所です。

  だから、必然的に掃除の回数は増えます。

  広くなればなるほど、その負担は増えます。

  あなたが掃除嫌いなタイプなら、その手間を覚悟しておいてください。

  子育て中や共働きで忙しい家庭では、主婦の負担を減らすため、

  今のうちから掃除当番について

  家族で話し合っておいた方がいいかもしれませんね。^^;

  ■光熱費・設備費・メンテナンス費アップ

  部屋の数だけ冷暖房器具や照明器具は増えます。

  家電には寿命があるので、買いかえる数も増えます。

  それに加えて、家族がそれぞれの部屋で過ごす時間が長くなるほど

  光熱費は上がります。

  また、屋根や外壁が広くなると、

  当然ですがメンテナンス費用も増えます。

  ですから、それらの費用も含めた資金計画をしないと、

  住宅ローンに追われたり、生活費を切り詰めて暮らすことになります。

  ■年をとった時、持てあます

  子どもが巣立ったあと、子供部屋を持てあましている家庭は多いものです。

  誰も使わない子供部屋は、どんどん物置化していきます。

  試しに、みなさんの実家を思い出してみましょう。

  あなたが使っていた部屋は、今も有効に使われていますか?

  定期的な換気や掃除ができていますか?

  年を重ねて体が思うように動かなくなると、広い家を掃除するのは苦痛になります。

  その状態でも持てあますことがない広さというのは、

  あなたにとってどれくらいの広さなんでしょうね。

+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----

【編集後記】

  ■会社員の4割が、退職後の生活資金を確保できていない

  フィデリティ退職・投資教育研究所の調査によると、

  退職後の生活資金(退職準備額)が0円だという人が、

  回答者の4割を占めることがわかりました。

  あなたがこのゾーンに入らないようにするために、

  『住まい』と『暮らし』に使う費用を見直す必要はありますか?

  もし見直す必要がありそうなら、

  高齢になっても持てあまさない程度の広さを目安にした

  家づくりを考えてみませんか?

  それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~

この記事を書いたプロ

有限会社 穂高建設 [ホームページ]

建築家 高橋英治

群馬県甘楽郡甘楽町善慶寺1253-4 [地図]
TEL:0274-74-5474

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
施工事例 (外観)
イメージ

洋風住宅

施工事例 (内観)
イメージ

外観写真

 
このプロの紹介記事
FP工法による注文住宅の専門家 高橋英治さん

1年中快適なFP工法と「群馬の木」にこだわった耐久性のある家づくり(1/3)

 群馬県西南部の甘楽町で注文住宅を手がける穂高建設。社長の高橋英治さんがめざす理想の家は「親から子へ、子から孫へと100年以上受け継がれる家」だそう。長い期間にわたって快適に生活するには耐久性が欠かせません。そのため同社では、高品質で耐久性...

高橋英治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

群馬県産の木材とFP工法を使った1年中快適に過ごせる注文住宅

会社名 : 有限会社 穂高建設
住所 : 群馬県甘楽郡甘楽町善慶寺1253-4 [地図]
TEL : 0274-74-5474

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0274-74-5474

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

高橋英治(たかはしえいじ)

有限会社 穂高建設

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
失敗しない家づくりセミナーのご案内(富岡市・甘楽町・安中市・高崎市)

住まいづくりでお困りの方へ 「あなたは家づくりでこんな疑問や不安をお持ちではありませんか?」 ?業者の...

[ 失敗しない家づくりセミナー ]

「 今、自分らしく暮らせていますか? 」 

  消費税が8%にななりましたね。   日持ちのする消耗品など、   最後の駆け込み購入に追われている人...

[ 穂高建設情報発信|富岡市・甘楽・安中市| ]

「 何気ないけど大きな違い 」

家電量販店に行った時のこと。   「今日は洗濯機をお探しですか?」   と近づいてきた店員さん。 ...

[ 穂高建設情報発信|富岡市・甘楽・安中市| ]

「 自社施工の業者を選ぶ理由 」

  業者選びをするとき、   『自社施工かどうか』というのは大切なポイントです。   しかし残念なこと...

[ 穂高建設情報発信|富岡市・甘楽・安中市| ]

「 業者選びで一番のポイント 」

子育てを通して、いろんな親子と触れ合うたびに実感するのが  『子どもは親の背中を見て育つ』ということわざ...

[ 穂高建設情報発信|富岡市・甘楽・安中市| ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ